FC2ブログ

ダーツ好きなのほほん社会人のブログ

~てっちゃん公記~二泊三日京都・奈良旅行 第三話(最終話)

 とうとう最終日の朝が来ました。てちゃん中尉がやらなくてはいけないことはただひとつ。某バイト先の店長に「壬生菜漬け」を買うことです。←みなさんこの「ミブナヅケ」をよく注目してみてください。後々喜劇が舞い起こります。

 まずは京都駅に行ってコインロッカーに裏氏が荷物を預けます。まだロッカーにスペースがあります。
 裏氏「スペース余ってるけど誰か荷物いれる?」
 中尉「カバンを入れていい?」
 裏氏「いいけど…!!手ぶら?」
 中尉「超軽装備
最終日京都探索装備
 帽子、グラサン、四次元ポシェット、財布、携帯…もちろん服は着てますよ…そんな、「裸になって何が悪い」なんていうわけないじゃないですか。

 さて早速到着したのは清水寺周辺でございます。あの商店街染みた坂道を歩きます。途中で道が二本に右ルートで行きます。左ルートはにぎやかな商店街です。
 おやおや案外静かな通りだこと。

 歩いていると八橋屋さんがありました。
 奇妙なものが売っていました。なんと、八橋の中身がショコラでございます。お初目です、リアクションにも困り試食の箱に手が伸びません。

 お店のお方は、中学生にソフトクリームを盛って売っています。おや、ソフトクリームの上に瓦型の八橋(八橋をこんがり焼いたもの←うまいよ。)が乗っかっているではないか。

 不思議な光景に見とれているうちに行動を起こしたのは、某杉氏でした。何をしたかといいますと。彼は試食用の八橋をパクパクと食べだしたではありませんか。…ナンテヤツダ。

 すると、試食している彼に気が付いたお店の方はが駆けてきた。
 女将「勝手に食べはったらダメやろ」
 杉氏「……」
 女将「ちゃんと説明きかなぁ」
 
 そして、女将による店と商品の説明が始まったのでした。

 どうやらこの店は、材料をいろいろと厳選し、手作りの質のよい八橋を提供しているお店のようで、女将に試食を進められ普通の八橋を食ってみると…

 なっなんてこったぁ…
 コイツはただの八橋ではない!
 アンコがみずみずしい!!

 「大魔法峠」に出てくる美味しんぼっぽいキャラ風にいいますと

 これはうまい、アンコがみずみずしい!!
 八橋の中でアンコが生きている パクッ!!


 冗談と思っている人も居ると思いますが、冗談はリアクションぐらいで、本当に絶品なんです。中学時代の思い出になっていた八橋のアンコよりレベルが格段に違いました。一度はご賞味することをお勧めしますよぉ。

 そして、次にショコラ入りを試食し気に入ったので買いました。←仲がいい友人たちと食べようかなぁと思ってた矢先、気が付いたら部屋で全部一人で食ってました

 確かお店の名前は「三十六峰清水店」さんだったと思います。間違えてたらゴメンチョ!!


さて、八橋も堪能したところで、清水寺にレッツゴー!!!
清水寺で杉氏が逸れてしまいました。

 仕方が無いので、杉氏を見捨てて裏氏と中尉は清水寺を堪能することに、いやぁ、何時見ても清水の舞台から下は迫力ありますね。

 ご本尊がある建物を過ぎると裏手に縁結びの神社があります。
 中学生たちが主に、右の岩から左の岩へ目隠ししてたどり着けるかやっています。

 こんな人混みの中でやるのは容易ではあるまい。…そこに一人で目を瞑り歩いていく中学生と思われる勇者がいた。すげぇ、勇者だわ。でも、一歩間違えると、回りから迷惑するだろうな・・・と思いながらも神社を後にした。

 散策コースを歩いていると………。
 いやっ、これは言わないことにしよう。

  清水舞台の下あたりに位置する食事場で休憩することに、おやおや、冷やし豆腐があるではないか。
 ここは食うべきだろ、冷奴同好会長として。
 (説明 冷奴同好会:大学非公認組織。ただ単に冷奴大好きで勝手に設立しました。単なる同好会と口でたてただけの組織、特に迷惑も掛けてません。
 さらにいうなら、会員だって何人かいますよ!活動内容は…ただ単に冷奴・豆腐を味わうのみ)

 脱線さておき、なかなか素晴らしい豆腐でしたよ。しっかりした歯ごたえに大豆本来の味がありました。さらに、青臭くも無いものです。つゆにはゆずを配合したようで、サッパリした喉越しが味わえます。

 そうこうしているうちに杉氏から連絡が…
 裏氏が電話にでます。清水寺前の商店街にいるとのことでした。
 その場を離れ、商店街に向うことに

 それは、最終回にふさわしい大爆笑な喜劇の引き金でもありました。
 清水寺下の商店街で杉氏との合流を図るも無理と断念し、そのまま裏氏と二人行動が始まりました。
 それから、梅干などの名物お土産を見つつ、目指した先は東山霊山観音です。少し遠くからでも巨大な観音様の姿は見えます。願いの玉や、みづこ地蔵尊などがありました。
 そして、とうとう訪れたのはここだ……
        八坂神社
 その手のお方はお気づきでしょうが東方にでてくる八坂神奈子が有名なんです。絵馬を見ますと…魔理沙、フランドール、そしてキャノ子様っと、様々ですな東方絵馬祭り、流石のイラストだが、紙に書いたら?といいたくなりますね。
 絵馬にイラストを描くの一体何の効果が得られるのでしょうか?
 
 必殺技かね?



 そして、行く当てもなくなったので、裏氏の提案で銀閣寺を拝観することになりました。またまた銀閣寺も坂の上なんですよねぇ。
 
 地図によると右が哲学の道という川べりの道左が銀閣寺への道ですな。と橋の手前で話していると、隣の方を歩いてきた中学生か小学生の女子たちが、「哲学の道を走ろうぜ」と話しながら銀閣寺のほうに行った。

 …まさか彼女達は、銀閣寺への道を哲学の道と錯覚しているのではあるまいな…

 裏氏曰く「姉が銀閣寺にはプリンがあるから観て来いよと言っていた。」
そんなバカな寺にプリンなんて近代アイテムがある訳が……。
 あったよ。白い砂利のような石をプリン状にしたものだった。
  素晴らしい、こんなプリン一体誰が発明したんだか?


 それから行くところが特になく、嵐山でも行くかという裏氏の発言に身を任せバスで一時間ほど護送され降りたたのが嵐山でございます。天龍寺というお寺を拝観しました。庭がきれいです。

 おっと、寺の建物内はスリッパ使用でございますな。
 スッ、スッ……モワ~~~ンorz。

 
 誰かが使い終わって直のスリッパに当ったようだ。
 なっ、生暖かくて、気持ちわるぃでつorz

 ダルマさんみたいな赤い布をまとった肖像画らしきものが目に付きます。一体誰の肖像画だったんでしょうか?

 さておき天龍寺は北門よりでますと、有名な某竹林が広がっております。昼ドラを見ている奥様方、竹林ですよ、映画の撮影現場?ですよ!!
 なかなか、見ごたえのある竹林を抜けると川沿いに歩きます。客を乗せた舟が流れていくではありませんかあれが俗に言う「川くだり」というもののようです。
 一度は乗ってみたいもんですね。

 そして、川の向こうのバス停から、京都駅に戻ります。さらば嵐山、今度来るときは何時であろうか?取り合えずその日まで。

 バスは四条の当りを通過すると「壬生」という地名のエリアに入ります。何か忘れてる俺…そうだミブヅケ買ってねぇじゃん!!!
 ココは壬生…売ってそう。しかし店長は八条でも売ってるとか言ってたな。まぁいいか。


京都駅に到着!!


 そして、「壬生菜漬け」「壬生漬け」と勘違いしたことにも気付かず、大捜査が始まったのでした。
 駅内インフォメーションセンターにて
 中尉「すみません、壬生漬けとかいう漬物を探しているのでござるが…」
 係員「その漬物があるかどうかは存じておりませぬが、ココとココに漬物屋さんがございます。」 
中尉は裏警部とともに漬物屋さんチックなお土産やさんを訪問。

漬物・土産屋さんにて 
 中尉「すみませぬ、壬生漬けとかいう漬物はありませぬか?」
 店員「さぁ?隣の漬物屋さんならおいてるかも知れませんが」
 中尉「ななななななななっ!!!???」

あわてて隣の漬物屋さんを探してみるが、その店自体が見つからない。orz
某お店でお土産を見ている裏氏に言葉を放った瞬間に問題は解決してしまったのだ。

中尉「これは不味い、裏氏俺は別の漬物屋とやらを探すZE」
裏氏「わかった、ちっとまってて、買い物しちまうから。」
裏氏が何かみつけた。
裏氏「中尉!……ひょっとしてこの「壬生菜漬け」ではないか?」
中尉「んっ?」
とっさに携帯のメモで確認………。
中尉「なっ、なんてこったぁ壬生菜漬けではないかぁ!!!」
 そして無事に壬生菜漬けを購入し、旅はクライマックスを告げる。
 ↓壬生菜騒動の引き金となった某漬物
mibuna_convert.jpg

 その後、カッコよくもないのに、カッコつけながら歩いていた某杉氏とも合流。折角なので、京都タワーを見てみよう!!ということになって、その建物の一回に入った。
 
 まではいいが、蕎麦屋の前でまた杉氏が腹減った発現。
 どうやら彼は昼飯を抜いて京都は東山付近を行軍していたようだ。
 そして、いそいそと蕎麦屋に入ってしまった。

 そして、中尉はといいますと、裏氏と京都タワーでも昇るかと券売機を見た瞬間に、京都タワー見物は断念した。なんせ700円も出したくないという結論に至ったのだ。

 そして、スターバックスコーヒーに入ることに…
初☆体☆験

んっ、何か見慣れない名前の横文字がビッチリと…くそっ、侍である我輩への当て付けか!?

 そういえばこういう光景前もあったな……

~時を遡ること四年~

 事の発端は、電気工事士試験を受けに言った時のことである。なんでって、親がそういうもんで、嫌いなのに強制的に勉強させられた挙句、試験会場までのお見送り付きと来たもんだ。そのときに道中て立ち寄ったドトールとガススタの併設されし建物で給油した時に何か飲めと親言われましてね。
 当時からのコーヒー好きが功を成し、ブラックを飲んでしまったんですよ。そう、利尿フラグ。。。試験会場に到達するまでに実に5回ものトイレに行きました。
 当然試験どころではありません。試験前にトイレに行ったはずなのに尿意がぁ。うートイレ行きたぁ。
で、どうなったかって?粘りましたよ我慢して、でも全然問題わかんなかったですよ。
 結果はって、大丈夫!ちゃんとトイレ行きましたし…そっちじゃなぃ。
HAHAHA人生そんなにうまくいく訳ねぇさ!!自分に合わない資格だったのさ!!(合理化)

~そしてスタバシーンへ~
 一番うまそうで妥当な飲み物を発見!!
店員「いらっしゃいませ!」
中尉「キャラメルマキアートのトールで!!」
(キマッタ!今の俺カッコいいかも…
しかし、そんな自惚れは一瞬にして消え去るのであった。
店員「アイスとホットがございますが」
中尉「えぇぇぇぇっ!!」思わず絶句してしまった。
そんなトコを突っ込まれるとは思いもしなかったのだ。
メニューの画像を見るからにホットも美味そう、キャラメルが溶けるトコを連想したらやってられねぇなぁ。しかし、俺は先祖代々の猫舌ではないか。仕方あるまい、今日のところはアイスで。
店員さん、俺のことみて笑顔だったな、いなかっぺキャラ出しちゃったかもね。
中尉は自分でも気付かぬうちに福島の訛りが出ると裏氏が話していた。
中尉「アイスでお願いします。」…まっ、まさか標準語が福島訛りになっていたのではあるまいな…いやっ、まて俺のことだきっと侍語になってたのかも…まっまさか訛りと侍語の併用に?まっまさかねHAHAHA(汗)

~~中尉の妄想スタート!!~~

てっちゃん中尉「キャラメルマキアートうまぁこの世のものとは思えん美味さだ、なってこったグレッグ
         これがMサイズで、500円出して釣りが来るんだ信じられるか?」

グレッグ少尉「なんだって!ドコの店だ。」
てっちゃん中尉「スタバだ。コーヒー屋なのに、なんてうまいキャラメルマキアートなんだ!?」
グレッグ少尉「なんてこった、一口飲ませろ」
てっちゃん中尉「フフフ残念だったなグレッグ少尉。貴様は俺の中の想像上の人物に過ぎんのだよ。」
グレッグ少尉「中尉止めてくれっ現実は…中尉いいぃぃぃぃっ!!」
てっちゃん中尉「グレッグ聞こえているのなら君の生まれの不幸を呪うがいい。君はいい戦友だったがね。
        君を妄想した奴がいけないのだよグレッグ。」

グレッグ少尉「てっちゃん!計ったなてっちゃん中尉!」
おっといけねぇ妄想しちまった。
~妄想タイム終了~
cm1.jpg
↑ど~~んキャラメルマキアートの入っていた容器です。
CMと明記されています。CM?


裏氏がとっさに「キャラメルマキアートだよ」とつっこんだ。そして裏氏によるスタバの説明が始まったのでした。
↓おまけ!!
cm.jpg
 マキアートタワーwww 小学生級のネタ。
 最後に、英語が読めなかった。いやぁ読めたが何を意味しているのか分からなかった。トイレが二つ馬鹿な、どっちもトイレに見える。あとあと裏氏に英語を教レストルームがトイレだったという。英語が出来ないって不便。

 ふたたび杉氏と合流し、大階段で時間をつぶす。側面の喫煙所で裏氏と一本。吸うのは手馴れたもんだが、息が強烈に臭い。タバコをもっていた手の匂いを嗅いでみるが、実に7年ぶりになつかしい親父の手の匂いがした。嫌なもんだがこれはこれで、タバコ時代の親父の思い出の匂いらしい。不思議な感覚だ。
京都駅夜の大階段


 そんな珍道中もクライマックス略してCMなんちって。
新幹線改札口付近に背の高い外人さんらしき人がいました。
裏氏が「あっ、ピーターさんだ!!」といったので、取り合えず振り向いてみておく。←見向きしたのはいいが、ピーターさんを知らない中尉でした。
 声を掛けてもらえたが、トークについていけずに離脱。でも、今ならサインを書くとかいってたからよほどスゴイお方なのかなぁと思って、裏氏に解説してもらった。
 数学でスゴイ人らしい。NHKとかにででくとのコト。ピーター・フランクさんというらしい。

 帰りの新幹線は700系のようで、揺れは皆無に近い。さすがは最新型の新幹線。天晴れ!
 また来るぜ京都!その日まで「さよなら」は言わん「らさばじゃ!!」

なんだかんだで、小田原へと戻ったのは夜の11時頃であった。そこで解散した。

 夕食までの間食が祟って、トイレに駆け込み……ご想像にお任せします。

 そして、小田急で近隣の駅まで帰るのであった。orz残念なことに杉氏とご相席。

 車内でのトークはどうしようも無い盛り下がり。…というか彼が一人で盛り上がってただけだが。彼は落語について自慢げに語り「感動するのとかいっぱいあるんだよ」などなど。…へぇ~っ
中尉「んじゃ落語ってどんな種類があるの」
杉氏「いっぱいあるよ」
中尉「例えば?」
杉氏「感動する奴」
…なんか半分答えになってないような。
そして彼のターン
杉氏「じゃぁ、尾崎の歌どんなのがあるの」
中尉「種類は様々だが、尾崎豊の少年時代や恋愛感情やら心の成長が歌でよく理解できる。昔からすれば15の夜など不良に分類されるものが…」
杉氏は呆気に取られたようであった。
杉氏「尾崎豊の歌きいたことないし」
…そんな筈はない。日本人ならどこかで15の夜か、17歳の地図、スクランブルロックンロール、I LOVE YOU、シェリー、卒業、Oh My Little Girl、などの有名作品何れのフレーズまた、歌詞の一部を聴いたことがあるはずだ。
とっさにウォークマンで尾崎豊のI LOVE YOUを流しイヤホンを耳に突っ込んでやる。
すると・・・「あぁここんところは聞いたことある」と
それみろ!
杉氏「でも、他のところしらない」とイヤホンを外す杉氏
杉氏「尾崎なんでしらねぇよ、下の名前なんだっけ」
中尉「豊だよ。失礼な奴だな。」プチーーン眉間にしわが寄りますな。

これは失言にも程がある。…もはや
…なんだかんだで尾崎豊記事にらりかけてる。

でも、ふと最近思うんです。
 もし、尾崎豊本人の行ったライブ同等のライブを行えば、尾崎豊を知らない人も尾崎豊に興味を盛ってくれるかもって。
 ギター練習してみようと心に誓った得体の知れない最終日でした。


ご静聴ありがとうございました。これで、今回の京都旅行の記録は書いたはずです。
そのうち今回登場した画像をまとめて張っときますね。
それは、ばいばい~~v
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

てっちゃん

Author:てっちゃん
ダーツと軽登山、まったりした時間をこよなく愛する武士です。教員から足を洗いましたが、良さげなことは、このブログで公開できるようにマイペースに頑張ります。

★登山歴★
2011年
神奈川県、丹沢山塊大山登頂2回
神奈川県、丹沢山塊塔の岳登頂2回
神奈川県、丹沢山塊丹沢山登頂1回

2015年
長野県、平尾山登頂1回
福島県、二ツ箭山登頂1回
茨城県、筑波山登頂1回

一緒に軽登山してくれる山ガール募集中であります( ´ ▽ ` )ノ

コミュニティ紹介
 俺が副管理人を務めさせてもらってるコミュニティーのご紹介です。

東海地方の歴史・史跡めぐり

概要
主に東海地方の歴史や史跡などを訪れた報告や紹介を中心とし、足を延ばせる人は他地域のことも紹介するなど、歴史を楽しむコミュニティをめざします。 その他、地域情報や身の回りの近況等の紹介や愚痴などもOK。 年齢、性別、学歴、未婚、既婚いっさい関係なく楽しいブログ仲間になってほしいというのが管理人の願いです。
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
シンプルアーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かうんた~
アクセスカウンタ~
当ブログの紹介
当ブログは「ジャンルの壁」を越えた交流の場を目標に運営を頑張ります!
 何かアドバイスなどございましたら気軽にお申し付けください。

のほほんメモリー創立記念日
 2009年3月13日
☆農業科教材研究☆
当ブログのお勧め記事農業科教材研究記事へのリンク
第0回 インフォメーション
第1回 コサージュを作ろう
・第2回 タバコの歴史知ってます?
リンク・リンク集
当ブログはリンクフリーです。

※ブロともやブログ仲間の皆様を優先表示しています。
ジャンルごとにリンクを分けているところもあります。

気になるジャンルなどございましたらリンク集をのぞいてみてくださいな。
ブロとも一覧

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

ゼロから始める楽しい登山―初心者でも登山を10倍楽しむ方法を公開!!―

一からはじめるblog

俺たちの絆

VODKA37%

かいゆぅ絆奮闘日記

―ふーじんの弓道奮闘記NEXT―

黒田裕樹の歴史講座

だらだらっと

ダーツでお金を稼いでみたい!!